九州・山口 冬の絶景と開運パワースポット

佐賀県 祐徳稲荷神社 写真提供:祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社 ゆうとくいなりじんじゃ

佐賀県鹿島市  九州・山口の冬絶景&パワースポット一覧 

日本三大稲荷の一つに数えられ、年間300万人の参詣者が訪れる
貞享4(1687)年に、肥前鹿島藩主・鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社。衣食住の守護神・ことに商売繁盛の神様として親しまれ、九州の神社では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数を誇る。 御本殿をはじめ主な建物は総漆塗りであり、樓門などの塗極彩色の壮麗な様子は「鎮西日光」とも呼ばれている。 本殿から奥の院までの参道には、朱で彩色された赤鳥居が二筋に平行して続いているのが特徴的。なお、鳥居を奉納する習慣は願い事が「通る」「通った」という祈願と感謝の意味から江戸時代に広まったとされている。

倉稲魂大神(衣食住を司り生活全般の守護神・一般に稲荷大神と呼称される)
大宮売大神(アメノウズメノミコト。天照大神が隠れた際、その岩戸の前で踊った。技芸上達の神・福徳円満の神)
猿田彦大神(ニニギノミコトが天孫降臨した際の先導役。交通安全の神)

商売繁盛・大漁満足・家運繁栄・交通安全