九州・山口 冬の絶景と開運パワースポット

福岡県 英彦山神宮 写真提供:英彦山神宮

英彦山神宮 ひこさんじんぐう

福岡県添田町  九州・山口の冬絶景&パワースポット一覧 

登りつめた1188m、山上からの絶景に早くもご利益を感じる
古来から神の山として信仰されていた霊山・英彦山。 主神は正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命という農業の神様だが、御名前に「勝」の字が3つも入っていることから勝運にもご利益があるとされている。山体自体を神域とし、御本社(上宮)は標高1188mの英彦山の山上に祀られている。 入り口の銅の鳥居から国重要文化財に指定された奉幣殿までは、石段二百数十段・距離にして500m、上宮まではそこからさらに2.2kmの石段の登山道を登ることになるので、参拝する際はトレッキングシューズなどを履いてお茶などを持参しておいたほうが無難。しかしながら、苦労して登った上宮からは周囲の山々を見渡す素晴らしい絶景が展開し、早くもご利益を感じる。

主祭神:正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(鷹の姿でこの世に現れた稲穂の神)
配神:伊耶那岐命、伊耶那美命

農業生産、鉱山、工場の安全の守護神また、勝運の神様